人生・生き方

どう生きていけばいいのか? 人生とは何か? 人生の意味は? なぜ生きるのか? よりよく生きるにはどうすればいいのか? 壁にぶち当たったときの対処法は? 人生に悩んだときに……

人生・生き方

『死んだらどうなるの?』玄侑宗久

人間にとって、死は100%訪れる出来事です。早いか遅いか、その差はあるにしても、必ず起こりうる事象というのは、生きていく上で他にはなかなか見当たらないように思います。それほど、死は特別な意味をもった出来事なのでしょうか。
人生・生き方

『人生に意味はあるか』諸富祥彦

「人生に意味はあるか」 自分自身に対して、一度たりともこの問いかけをしなかった人がいるでしょうか。この問いかけをしてこなかった人は、おそらく人生が悩みもなくうまくいっているか、日々の仕事や生活に忙殺されていて自分と向き合う瞬間すら訪れないかのどちらかなのだと思います。
人生・生き方

『ひとは情熱がなければ生きていけない』浅田次郎

この本のタイトルを見たときに、「情熱をもって生きているのだろうか?」と自分に思わず問いかけてしまいます。「情熱」の熱量は人によってさまざまだとは思いますが、生きていく上で、少なからず「情熱」と呼ぶべきものが必要なのだと感じている人が多いのではないでしょうか。
人生・生き方

『縦糸横糸』河合隼雄

心理学者として知られる著者が、産経新聞に連載してきたコラムをまとめた一冊です。時代のなかに生きるということに対する、具体的な72の提言が掲載されています。タイトルからキーワードを拾っていくとさまざまな問題やテーマが浮き彫りになってきます。「バブル化した教育」「葬儀文化」「いじめ」「汚職」「援助交際」「銃乱射事件」「子育て」「虐待」「引きこもり」「スローフード」など内容は多岐にわたります。中でも印象に残った「「解答を得る」という罠 悩み続ける努力こそ」から次の文章を引用したいと思います。
人生・生き方

『新人生論ノート』木田元

昭和初期の哲学者・三木清に『人生論ノート』という著作があります。本書はこの『人生論ノート』と直接の関連はないが、同じく哲学者の著者がその構成を参考にして書いた現代版の人生論の一冊ということになります。
人生・生き方

『それでも人生にイエスと言う』V・E・フランクル(山田邦男 / 松田美佳 訳)

著者のフランクル(Victor E. Frankl)は、第二次世界大戦下、ナチスにより強制収容所に送られた経験を持つ精神科医です。彼は家族の多くを失いますが、1945年にアメリカ軍により解放されました。彼の過酷な実体験から紡ぎだされる考えや言葉は、現在のわれわれの胸にも響いてきます。本書は「Ⅰ生きる意味と価値」「Ⅱ病いを超えて」「Ⅲ人生にイエスと言う」の三章から成り、最後に訳者による50ページを超える解説が付されています。タイトルの「それでも人生にイエスと言う」とは何と素敵な言葉でしょうか。
人生・生き方

『カンの正体 ―「直勘力」で逆境に強くなる』桜井章一

著者は、麻雀の代打ちで20年間無敗の経歴をもつ「雀鬼」として知られています。カンとはなかなかとらえどころのないものですが、そのカンとは何か、カンで判断することの大切さに迫った一冊です。常識や知識、固定観念といったものにとらわれすぎている今の世の中ですが、そんなものよりもっと大切にしなければいけないものが「カン」であると著者は説きます。常識などはむしろ、人間の本来の能力を阻害していると指摘しています。本書では、子どもの感覚に戻ることや、譲る力など多方面からカンの実体に迫り、いままでの考えを改めさせられるトピックが満載の書となっています。
人生・生き方

『よく生きる』岩田靖夫

哲学に精通する著者が、古代ギリシアの哲学を中心に「よく生きる」とは何かを問うている一冊です。章立ては「幸福」「他者」「神」「社会」の四章。生きる上で「よく」生きたいと考えるのは自然であります。
人生・生き方

『孤独であるためのレッスン』諸富祥彦

昔に比べてうまく生きることができない人が増えたといわれて久しいが、本書の内容はそういう社会現象を背景として生まれた一冊といっていいでしょう。第一章の題は「孤独は悪か」。「孤独」であることは本当に悪いことなのでしょうか、著者は問いかけます。そして孤独になることはひとつの「能力」であるといっています。「孤独」に対する考え方が少し変わる、生きるためのレッスン書です。
人生・生き方

『人生論ノート』三木清

「死について」「幸福について」「人間の条件について」「孤独について」等、人生に関わる題を集めた全23章の論文集です。三木清の文章は、一文一文が短く、リズミカルに読めます。人生という内容が深いものだけに、読むときの心地よさは非常に重要になってきますが、三木の文章は読んでいて心が落ち着きます。人生は長いようで短く、短いようで長い。そんな人生において、この一冊に出合えることはやはり幸せなのだと感じます。
人生・生き方

『うらおもて人生録』色川武大

人生はある意味ギャンブルです。当然勝ち負けもあるでしょう。勝ったときも負けたときも、この人生録は最適の書となります。そういうときこそ手に取りたいのが本書です。平易な言葉で、奥深いヒントが満載の一冊です。特に「九勝六敗を狙えーの章」は私の心にずっと残りつづけています。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました