随筆・エッセイ

随筆・エッセイ

随筆・エッセイ

『百人一酒』俵万智

お酒をめぐる物語は、お酒だけがそこにあるのではありません。お酒プラス「アルファ」が必ずそこにあって、初めてお酒の物語が生まれるのです。そう、この「アルファ」の部分が重要で、それによって物語はさまざまに変化していくことでしょう。この「アルファ」たとえば、友達なのか恋人なのか、あるいは山なのか海なのか、大衆酒場なのかこじゃれたバーなのか、ひとりなのか大勢なのか、悲しいのか嬉しいのか、春なのか夏なのか等々。いろんな「アルファ」にお酒があれば、もうそれは何ともいえないお酒の物語なのです。
人生・生き方

『ひとは情熱がなければ生きていけない』浅田次郎

この本のタイトルを見たときに、「情熱をもって生きているのだろうか?」と自分に思わず問いかけてしまいます。「情熱」の熱量は人によってさまざまだとは思いますが、生きていく上で、少なからず「情熱」と呼ぶべきものが必要なのだと感じている人が多いのではないでしょうか。
言葉

『両手いっぱいの言葉 ― 413のアフォリズム ― 』寺山修司

演劇、映画、詩、俳句、短歌、評論、写真など多彩な才能で知られる寺山修司。彼の残した多くの言葉がこの一冊に収められています。「愛」「美」「暴力」「文明」「変身」「飛翔」「友情」「夢」など52章、計413もの寺山の言葉=アフォリズム。どこから読んでもいいですし、一日ひとつずつ読んでもいいでしょう。
随筆・エッセイ

『他者が他者であること』宮城谷昌光

中国の歴史小説を書き続けている宮城谷昌光のエッセイ集です。本書の特徴は何といってもその多彩な内容が凝縮されている点でしょう。「Ⅰ 湖北だより」「Ⅱ 中国古代の構図」「Ⅲ カメラ」「Ⅳ 他者が他者であること」の四章から成ります。第一章の「湖北」とは浜名湖北岸のこと。住処を移してからの日々が、歴史を交えて綴られています。
随筆・エッセイ

『釈迦に説法』玄侑宗久

芥川賞作家として知られる著者の初めてのエッセイ集です。著者は臨済宗妙心寺派の僧侶でもあり、本書は小説家兼僧侶の持ち味がいかんなく発揮された一冊です。心地よい文章と、生や死についてやさしく説いてくれる仏教の世界が、ゆるやかに融合され、読み手を誘います。
短歌・俳句・詩

『うたの動物記』小池光

本書の「うた」とは「短歌」のことです。『うたの動物記』は第60回日本エッセイストクラブ賞を受賞した一冊ですが、著者の本業は歌人です。当然短歌の業績は数々ありますが、短歌にとどまらず彼の書くエッセイが特に面白くぐいぐい読まされます。
子育て

『きみは赤ちゃん』川上未映子

著者の出産から子育てまでを綴った抱腹絶倒かつ涙なみだのエッセイです。子どもを産む、子どもが生まれる、子どもを育てる、子どもが育つということは、本当に本当に大変な出来事であり、また同時にかけがえのない出来事の連続なのだということが、本書の隅々からあふれだして止まらない一冊です。読んでいると、自分自身の体験と重ね合わせて、そうそうそうだった、そんなふうな考えだったんだ、など回想や再発見もあり、惹き込まれていきます。次が読みたくなる文章センスや、子どもに対する素直な思いの吐露に、読んでいて胸にくるものがあります。人間とは、命とは、生きるとは何かを考えずにはいられない一冊です。
随筆・エッセイ

『ひとり暮らし』谷川俊太郎

詩人の生活とはどんなものか気になる方は多いと思います。詩集からだけではわからない、詩人の生活の一端を本書はのぞかせてくれます。
随筆・エッセイ

『僕は人生についてこんなふうに考えている』浅田次郎

人生に対する考え方は人それぞれです。また自分の人生に対する考え方と、他人の人生に対する考え方は微妙に異なるかもしれません。自分とは違う人がどのように人生について考えているかは、とても興味深いものです。「チャンス」「幸福」「愛」「器量」「矜持」「時間」「お金」「才能」「死」などをテーマに、157の言葉を集めています。浅田作品の人物を通して語られる珠玉の言葉たち。
随筆・エッセイ

『眠れぬ夜に読む本』遠藤周作

「生と死について考える」「東京について考える」「自分と他人と動物について考える」「趣味と興味について考える」の四章から成るエッセイ集。著者の日常を通して語られる言葉の数々は、まさに夜更けにぴったり。眠れない夜に巡らす思考は、至福のひとときといえるでしょう。楽しくも興味を惹く内容が平易な言葉でつづられています。
人生・生き方

『うらおもて人生録』色川武大

人生はある意味ギャンブルです。当然勝ち負けもあるでしょう。勝ったときも負けたときも、この人生録は最適の書となります。そういうときこそ手に取りたいのが本書です。平易な言葉で、奥深いヒントが満載の一冊です。特に「九勝六敗を狙えーの章」は私の心にずっと残りつづけています。
随筆・エッセイ

『整形前夜』穂村弘

記憶や日常、言葉をテーマとした、歌人・穂村弘のエッセイ集。本書には中学生時代の出来事がたびたび登場し、自分の中学生時代と比較して共感したり、そうかなと感じたりしながら読み進めることができます。彼の紡ぐエッセイは決して気取らず、むしろどこか残念でカッコワルイさえいえます。でもそこが何ともいえない味わいを出しており、本書に登場する短歌とともにゆっくりと楽しみたい一冊です。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました