囲碁・将棋・チェス・麻雀

囲碁・将棋・チェス・麻雀

囲碁・将棋・チェス・麻雀

『多井熱』多井隆晴

2018年秋にプロ麻雀リーグ「Mリーグ」が開幕しました。選ばれた21人の麻雀プロによるリーグ戦ですが、その中でも大活躍を見せているプロ雀士が本書の著者である多井隆晴プロです。彼は麻雀の実力はもとより、個性的なしゃべりから解説者としても視聴者を惹きつけて止みません。本書を読むと、彼の麻雀業界に対する思い、希望、期待、憂い、危機感、不安、そして可能性についての一端を知ることができるでしょう。
囲碁・将棋・チェス・麻雀

『棋士という人生 ― 傑作将棋アンソロジー』大崎善生 編

プロ棋士とはいったいどういう存在なのでしょうか。人生を賭けて盤面に向かいます。結果勝つ者もいれば、敗れる者もいます。厳しい世界といえば、非常に厳しい世界です。だからこそその人生は、大変密度の濃い人生なのでしょう。たとえ勝っても負けても・・・。
囲碁・将棋・チェス・麻雀

『勝負心』渡辺明

史上四人目の中学生棋士として輝かしいデビューを果たした渡辺明。羽生世代のひとつ下の世代では、群を抜いてその活躍が目覚ましいものがあります。勝負に対する考え方は理的というかドライというか、だからこそ己に対しても厳しい接し方が語られています。「「想定外」を想定する」「「調子」という概念はない」などおやっと思わせる見出しが興味を惹きます。勝負というのは将棋の世界だけではありません。自分の人生に重ねて読めば、一層濃い内容であると感じることができます。
囲碁・将棋・チェス・麻雀

『長考力 ― 1000手先を読む技術』佐藤康光

深い読みに定評のあるプロ棋士・佐藤康光は「1秒間に1億と3手読む男」と称されています。若手のころは、羽生善治らとともに同じ研究会で技を磨きあっていたトップ棋士のひとりです。将棋の一手というのは、直感でひらめいた手と、長時間考えた手が一致することも多いと聞きます。
囲碁・将棋・チェス・麻雀

『不屈の棋士』大川慎太郎

AIの発達により、将棋のコンピュータソフトがプロ棋士を負かす時代がやってきました。400年以上の歴史を持つ将棋界にとっては、まさに今が転換点ともいえるでしょう。プロ棋士たちはどう戦うのか、プロ棋士とは何なのかが問われています。本書は、トップ棋士11人へのロングインタビューを中心に構成され、それぞれの棋士の覚悟が全面に現れた一冊です。
囲碁・将棋・チェス・麻雀

『常識外の一手』谷川浩司

常識外とは本筋を外れた一流をいいます。将棋のプロ棋士には常識にとらわれず、枠外・欄外の手を放つ者もいます。そのような思考は将棋に限らず、我々の日常生活に相当有効です。電王戦の話題も収録しています。
ノンフィクション

『将棋の子』大崎善生

敗れた者の目に映るものは、後悔、諦念、憎悪・・・。いや、それらのいずれとも異なる感情が漂っている。 将棋のプロ棋士になるために通らなければならない「奨励会」。そこで繰り広げられる将棋の青春ドラマを描いた傑作ノンフィクションです。藤井聡...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました