スポンサーリンク

『将棋の子』大崎善生

ノンフィクション
スポンサーリンク

敗れた者の目に映るものは、後悔、諦念、憎悪・・・。いや、それらのいずれとも異なる感情が漂っている。

将棋のプロ棋士になるために通らなければならない「奨励会」。そこで繰り広げられる将棋の青春ドラマを描いた傑作ノンフィクションです。藤井聡太のような輝かしいデビューを飾る棋士がいる一方で、敗れていった数多くの青少年の勝負の世界を生き生きと描いています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました