笑い・ユーモア

笑い・ユーモア

笑い・ユーモア

『ジョークなしでは生きられない』阿刀田高

毎日の生活が行き詰っているという人にとって、ジョークのひとつが救いになることがあります。本書は世界のジョークから傑作ジョークを集めたコンパクトな一冊です。90の小題はどれも3ページ程度で、さまざまなジョークを取り混ぜながらの著者の文章が、ジョークの世界へ導いてくれます。
短歌・俳句・詩

『俳句のユーモア』坪内稔典

ユーモラスな俳句をつくることで知られる著者が、俳句の魅力を存分に語った一冊です。『俳句のユーモア』という題ですが、俳句の成り立ちや革新運動、句会についてなど、ユーモアに限らず俳句に触れることができる構成になっています。
笑い・ユーモア

『ブラック・ジョーク大全』阿刀田高

ジョークの世界もいろいろとあるものですが、本書はその中でブラックユーモアに特化したジョークを集めたもので、まさにブラックジョークの決定版です。ジョークは本来読んで楽しいものですが、そこに苦みが加わると一層ジョークの鋭さが増します。ジョークから物の見方の転換を示唆されるといってもいいでしょう。500編以上のジョークを収めた一冊を読み進めるうちに、思考のストレッチが始まること間違いありません。
笑い・ユーモア

『ウケる技術』小林昌平 / 山本周嗣 / 水野敬也

いつも周囲を笑わせる、いわゆる「ウケる人」に憧れたことはないでしょうか。「ウケる」とはセンスや能力ではなく、「技術」で磨くことができるというのが本書のスタンスです。40の「ウケる技術」と、8つの「メールでウケる技術」が収録されています。それぞれいい例、悪い例、ポイントなどが記載され、具体的にウケる技術を学べる仕組みになっています。笑いは円滑なコミュニケーションになくてはならないものなのかもしれません。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました