『登山の哲学』竹内洋岳

目次

もっとも宇宙に近い14の頂を知る人間の哲学。

著者の竹内洋岳氏は、日本人として初めて8000メートル峰全14座の登頂を成し遂げた人物です。しかしその過程は決して順調なものではありませんでした。

14座登頂に至る途中には、雪崩による300メートル大落下により生死の淵をさまよったこともあります。でも彼はあきらめませんでした。そこには冷静な分析と熱い志、そしてプロ登山家としての大きな決断があったのでしょう。

本書にはひとりの登山家の生き様が詰まっています。なぜ山に登るのかという問に、著者はこう答えています。「登りたいから仕方がない」と。

¥814 (2022/01/12 04:40時点 | Amazon調べ)

♪ みなさまの応援が励みになります ♪


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次