日焼け止めは夏だけじゃない?! 子どもの日焼け対策とクリームの塗り方!

日焼け止め・紫外線

「子どもは太陽の下、元気に遊ぶ」のが当たり前だと思っていました。そして日焼けしている子どもほど健康そうに見えて
逆に色白の子どもは病弱に見えていたものです。

しかし、昨今、太陽の日差しを浴びるのがよしとされていた時代は、少しずつ変化しています。

現在では温暖化が進み、紫外線も強くなっているため、紫外線対策が必要というのは真夏の間だけではありません。また紫外線の浴びすぎは皮膚に悪影響を及ぼすとも言われています。

幼少時代から紫外線を浴び、その積み重ねで成長するにつれてシミやそばかすに変化していく可能性もあります。

そのため、紫外線に対する日焼け止め対策は生まれた時から必要だと言われるようになり、日焼け止めクリームなども「赤ちゃん用」というものがあるほどです。

そこで今回は、一年の中で紫外線が強い時期と時間帯、また子どもの日焼け止めクリームの塗り方について見ていきたいと思います。

目次

紫外線が強い時期と時間帯は?

太陽・紫外線

紫外線が強い時期

一般的に紫外線が強い時期というと、真夏の暑い7、8月だと思いますよね。でも実は、一年の中で一番心地よい季節の春、
4月からすでに紫外線はジリジリと私たちのところへ迫っています。

そして紫外線も8月で終わり、と思っていませんか? 実は9月末までは紫外線がたっぷり降り注いでいます。

ということは、紫外線対策は真夏だけではなく、4月から9月まではしっかりと紫外線対策が必要だということになります。

私も春や初夏は心地よい季節で日焼けとは無縁だと思い、連休に山へ遊びにいき、帰ってきたら肌がうっすら赤くなってヒリヒリ・・・という経験があります。

意外と日焼け止めは、真夏だけで十分、と思っている方も多いのではないでしょうか。

紫外線が強い時間帯

季節では4月から9月まで紫外線が強いことが分かりましたが、一日の中で紫外線の強い時間帯は何時ごろでしょうか。

普通に考えると正午前後くらいかなあと思いますが、実は午前10時から午後2時までは、紫外線がしっかり降り注いでいます

一年の中の季節でも一日の中の時間帯でもピンポイントで紫外線が強いのではなく、一定の期間は紫外線が強いのでしっかりとした対策をした方が良さそうですね。

紫外線を浴び続けると、シミやシワの原因になるのはもちろんのこと、実は、目にも悪い影響があります。

紫外線を浴び続けることにより、白内障などを起こしやすくなると言われています。そのため色の薄いサングラスをかけることにより、予防することができます。

適度な紫外線は必要

ここまで読むと、紫外線は「敵」と思われがちですが、実は紫外線はビタミンDを生成して骨を作るために重要な役割を果たしています

そう考えるとやはり適度な日差しを浴びることは健康のためにも大切ですね。

子どもの日焼け止めの塗り方

日焼け止めクリーム

日焼け止めのパッケージをよく見てみると「SPF」「PA」というアルファベットが記載されています。

「SPF」というのは日焼けの原因となるUVBを防ぎ、「PA」はシミやシワの原因となるUVAを防ぐ成分です。

「SPF」の値には「SPF20」から「SPF50」までありますが、この「SPF」の後ろの数字は「1」であれば約15分、紫外線から肌を守ることができると言われています。

日常生活で使うのであれば「SPF20」で十分と言われていますが、山や海などレジャーで使う場合は「SPF50」がおすすめです。

「PA」の値には後ろに「+」がついており「PA+」から「PA++++」まであり、こちらも「+」が多いほど
効果が高いものとなります。

ただ数字が大きくなればなるほど、肌への負担も大きくなるので、普段使いとレジャー使いと使い分けした方が良さそうですね。

しかし、効果の高い日焼け止めを塗ったとしてもやはり夏は汗をかくので日焼け止めも汗と一緒に流れてしまいます。

子どもは特に汗をよくかくので2、3時間おきには塗り直しをすることをおすすめします

日焼け止めには散乱剤と吸収剤が含まれています。散乱剤は皮膚の中に紫外線を取り込まないように光を反射させるものです。

一方、吸収剤は紫外線を吸収しますが、エネルギーに変えることにより、皮膚の中に浸透しないようにさせるものです。

吸収剤は肌が荒れる原因にもなるため、肌が薄い赤ちゃんには吸収剤が含まれていないものを選ぶとよいと思います。

市販で売られているものでも「赤ちゃんの肌にも使用可能」「低刺激」など記載されているのでパッケージをよく見て購入したいものですね。

また日焼け止めには、ミルクやクリーム、ローションなどいろいろありますが、何度も塗り直す子どもにはローションやクリームなどが延びやすく使いやすいと思います。

ただ、「SPF」や「PA」の値が高いものは効果も大きいですが、特に子どもの場合、日焼け止めクリームが肌に残っていると皮膚のトラブルにも繋がるため、石鹸を使ってしっかり落とすことも大切です

まとめ:日焼け止めは夏だけじゃない?! 子どもの日焼け対策とクリームの塗り方!

これからの季節、大人だけではなく、子どもの肌にも紫外線対策は必須ですね。

一年の中で4月から9月まで、一日の中では午前10時から午後2時までを目安に日焼け止め対策をしっかりしましょう。

特に子どもは外で遊ぶと夢中になり、日焼けを気にすることもないので、大人が気をつけて塗り直しなどしながら元気に外で遊ばせてあげたいものですね!

♪ みなさまの応援が励みになります ♪


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる