ピンクシャツのメンズコーデ! ビジネスシーンで着こなすには?

ピンク

ピンクシャツをお持ちですか?

明るい色のシャツに抵抗があるという人もいると思います。それもピンクはちょっと難しいと思われがちです。

しかし、ピンクはビジネスシーンでも柔らかい印象を与えてくれる優秀なカラーなんですよ。

「ピンクか…ちょっと苦手だな」と思っている方のために、自然で好感度アップするポイントお伝えしていきたいと思います。

いつもマンネリだったコーディネーションも、バリエーション豊かに変身しますよ!

目次

メンズピンクシャツをビジネスシーンで着こなすための選び方ポイント4選

ピンクシャツ

ピンクというと、少し甘い印象を持つ人もいるかもしれません。ビジネスシーンで着こなすためにはいくつかのポイントおさえておきたいですね。

ピンクシャツを着こなすためのポイント

  1. 白っぽい淡いピンクを選ぶ
  2. ピンクに合わせる色
  3. 素材や形にこだわる
  4. 怖く思われがちな人・ちょっと強面な人に向いている

① 白っぽい淡いピンクを選ぶ

ピンクと一言でいっても、濃い色もあれば赤みが強いもサーモンピンクのようなオレンジ系のものなど、いろいろな種類があります。

使いやすく、他のアイテムと合わせやすいのは淡いピンクです。上品なイメージもあるので、スーツやジャケットとも合わせやすいですね。

硬い印象を与えたくない場面や、女性が多く柔らかい印象を与えたい場面はおすすめです。

② ピンクに合わせる色

ピンクシャツを選んだら、ジャケットやパンツは何色にすればいいか?と悩みますよね。

私のおすすめは、明るめのグレーとベージュあとはネイビーの3色です。

スーツならばグレー系とは相性がいいですね。クールビズで、ノージャケット・ノーネクタイであれば、ベージュ系やネイビーなどのブルー系のパンツに合わせると爽やかで素敵ですよ。

③ 素材や形にこだわる

少し素材や形を普通のワイシャツと変えてみるだけで、簡単におしゃれ上級者になれますよ。といっても、難しく考える必要はありません。

リネン系(麻系)の天然素材だとナチュラルな印象をあります。シワ感や洗いざらしの感じがこなれた感じになります。もちろんきちんとした商談ではダメですよ。あくまで、オフィスカジュアルです。

形ですが、こちらもオフィスカジュアルなボタンダウンがおすすめです。クールビズの時期は普通のワイシャツだとネクタイをしないので、襟がヘタっとだらしない感じがすます。ボタンダウンだと、襟がきちんと形を保っているのでキリっとした印象になります。そこを、柔らかい印象のピンクにするときちんとした感じがあるのに上品になります。

④ 怖く思われがちな人・ちょっと強面な人に向いている

ビジネスシーンで便利なピンクですが、怖く思われがちな人・ちょっと強面な人の方が向いています

海外のビジネスマンも、ヒゲや黒ぶちの硬い感じの男性がピンクシャツを着ていたりしますよね。もし、自分が怖がられているかも…と思ったらピンクシャツを着てみてください。話しやすい印象になりますよ。

ピンクシャツに合うネクタイコーデは? おすすめの色の取り合わせ

ネクタイ並べる

ワイシャツと言えば、ネクタイも重要です。クールビズの時期は、ノーネクタイでいいですが商談や会議の時はそうはいきませんよね。

でも安心してください。ピンクシャツは合う色のネクタイが多いのが長所です。

ネイビー系のネクタイ(ドット柄もOK)

スーツはグレーやネイビー 冬場であればブラウン系のスーツでもOK

シルバー系のネクタイ(ストライプ柄やドット柄もOK)

スーツはグレーやネイビー 

ボルドー系(チェック柄もOK)

スーツはグレーかブラウン系

どんな色のネクタイでも、取り入れやすいですよね。柄物も全く問題ありませんよ。

ただ、やはり最初はダークカラーが合わせやすいと思います。ピンクにピンクとかピンクに黄色とかは、かなりハイセンスで主張が強くでます。

おしゃれはしたいですが、やはりここはビジネスシーン。おだやかな個性はピンクシャツだけでも十分に発揮できていますよ。

手持ちのネクタイでも十分に印象が変わりますよ。ぜひ、試してみてください。

まとめ:ピンクシャツのメンズコーデ! ビジネスシーンで着こなすには?

難しそうに思っていたピンクシャツですが、意外と合わせやすいですね。もう一度ポイントを振り返っておきましょう。

  • ピンクシャツ柔らかい印象で、ビジネスシーンでも役立つ
  • 淡い色のピンクは合わせやすい
  • 合わせやすい色は、グレー・ベージュ・ネイビー
  • ノーネクタイであれば、リネン系でボタンダウンを選ぶのがおすすめ
  • 怖い印象を持たれがちの人は、積極的に着ると良い
  • ネクタイはダークカラーであれば基本的にはどれでもOK

使い方・合わせ方次第で、柔らかく上品な印象を与えてくれるピンクシャツ。ぜひ苦手意識を取りのぞいて、コーディネートのバリエーションを楽しんでみてくださいね。

♪ みなさまの応援が励みになります ♪


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる