『孤独であるためのレッスン』諸富祥彦

目次

孤独とは、自分と向き合うこと。

昔に比べてうまく生きることができない人が増えたといわれて久しいが、本書の内容はそういう社会現象を背景として生まれた一冊といっていいでしょう。

第一章の題は「孤独は悪か」。「孤独」であることは本当に悪いことなのでしょうか、著者は問いかけます。そして孤独になることはひとつの「能力」であるといっています。

「孤独」に対する考え方が少し変わる、生きるためのレッスン書です。

♪ みなさまの応援が励みになります ♪


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次