スポンサーリンク

『読書の方法 ― なにを、どう読むか』吉本隆明

哲学・思想
スポンサーリンク

「書を読むこと」は喜びである。「方法を意識して書を読むこと」は、さらなる喜びである。

知の巨人・吉本隆明が、読書について語った一冊です。章立ては「なにに向かって読むのか(読書原論)」「どう読んできたか(読書体験論)」「なにを読んだか、なにを読むか(読書対象論)」の3章から成ります。随所にインタビューを交え、さらに中沢新一との対談、荒俣宏との対談も必見です。体験を中心としたボリューム満点の濃い内容は、読書とは何かについてもっと考えてみたい人におすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました