スポンサーリンク

『どこでも誰とでも働ける ― 12の会社で学んだ”これから”の仕事と転職のルール』尾原和啓

仕事・ビジネス
スポンサーリンク

自分を分析できていれば、どんな場所でも活躍できる。

Google、マッキンゼー、リクルートなど12回の転職を経験した著者だからこそ、転職に関する内容が説得力をもって伝わってきます。具体的な図や業務のやり方から、仕事への関わり方全般に至るまで、広く仕事と転職について考えさせられます。終身雇用という制度はひと昔もふた昔も前のものとなりました。現在は終身雇用が主流ではなく、定年までひとつの会社に勤めるということの方が稀だと思います。そういう時代に転職をするとはどういうことなのでしょうか。また転職してやっていけるのでしょうか。端的にいえば、自分自身の価値というものが何かを問われることになるでしょう。社内での肩書きではない、自分の価値をもう一度見つめなおす必要があると痛感します。しかしその価値を見出すことができれば、本のタイトル通りどこでも誰とでも働くことができるのでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました