クラウドワークスで副業を始めよう!【プロフィール登録編】

クラウドワークスプロフィール登録

Webライターを始めるためには、まずは「どこから仕事をもらうか」が重要になってきます。

ネット上には、お仕事を提供してくれる「クラウドソーシングサービス」というものがありますが、数あるサービスの中からどのサービスを利用したらよいか、まったくの初心者がどのようにして仕事をもらえるようになるのか、楽しさとワクワク感がある中で、「初めて」という不安も同時に湧いてくるものと思われます。

今回、おすすめするのは「クラウドワークス」というサービスです。

業界最大手のクラウドソーシングサービスですので、安心してWebライターとしての一歩を踏み出せると思います。

今回は、一番初めに重要な「プロフィール登録」までをご紹介いたしますので、じっくりお読みいただき「仕事をもらえるようになる準備」をしてほしいと思います。

日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」

目次

クラウドワークスとは?

クラウドワークスとは

業界最大手のクラウドソーシングサービス

「個のためのインフラになる」を企業理念とし、インターネットを通じて個人の才能、能力を企業と結びつけるクラウドソーシングサービスが「クラウドワークス」になります。

  • 総契約額: 157憶円
  • 登録ワーカー数: 470万人
  • 登録クライアント数: 76万社

これらの実績を誇る、業界最大級の「お仕事マッチングサイト」といえます。

Webサイトやブログを運営している個人事業主や企業などが、掲載する記事をワーカーに書いてもらうお仕事を依頼して、記事を書きたいと思っている個人(ワーカー)へ条件提示し、同意をしたら契約して仕事が成立します。

充実したサービスと安全性

クラウドワークスでの仕事探しは、登録から仕事探しまでは使用料金が発生しません。無料で仕事を探すことができます。

クライアントからの仕事を受注し、報酬を得るときにその報酬から数%の手数料を支払う形になります。

また、クライアントからの仮払い制度があるため、クライアントから報酬が振り込まれないというリスクはありません。仕事を受注する際、クラウドワークスが「クライアントからの仮払いを承認するまで作業を開始しないで下さい」という案内が出てきます。クライアントが報酬を支払わない場合を防ぐために、このような「仮払い」システムがあります。

そのほか悪質なクライアントを報告する制度や、評価点、案件の達成率を提示し、クライアントをワーカーが判断できる材料がそろっており、クライアントとワーカーとのトラブルを未然に防ぐ体制も整っています。

\ ピッタリの仕事を見つけよう♪ /

クラウドワークス・本人情報登録

クラウドワークス本人情報登録

登録は大きく2つ

クラウドワークスに最初に登録する情報ですが、大きく2つあります。

  1. 本人情報登録
  2. プロフィール登録

まずは「本人情報登録」から見ていきましょう。

顔出し&本名で本気度を

まず最初に登録するのが「本人情報登録」です。

登録画面で、個人情報をそれぞれ登録します。

登録は「ニックネーム」でもできますが、クライアントは仕事を依頼するときに実名で登録している人と、ニックネームで登録している人と比べた時に、どちらを採用するでしょうか?

実名で登録した人に依頼するほうが信頼できますし、名前が本人を物語るように得体の知れないニックネームの人に仕事は依頼できないと思います。

顔写真も同様です。

SNSと全く違う「仕事をいただくツール」ですので、本人とわかる信頼性の高い情報を提示する必要があります。個人情報はしっかりと管理されているので、クラウドワークスを信頼して仕事を受注する体制を取りましょう。

本人情報作成の注意点

クラウドワークスでは登録内容によって仕事の受注が大きく影響するとしていますので、正確に個人情報を入力しましょう。

本業の経歴、副業の経験有無、保有している資格等、自分を知ってもらうための情報なので、包み隠さず登録することが重要です。

そのほか悪質なクライアントを報告する制度や、評価点、案件の達成率を提示し、クライアントをワーカーが判断できる材料がそろっており、クライアントとワーカーとのトラブルを未然に防ぐ体制も整っています。

\ ピッタリの仕事を見つけよう♪ /

クラウドワークス・プロフィール登録

クラウドワークスプロフィール登録

続いて「プロフィール登録」について見ていきましょう!

クライアントへ自己紹介をする

クライアントに「自分を知ってもらい仕事を依頼しやすい環境を作る」のがプロフィール登録になります。

本名と顔出しをしていれば、ある程度の信頼性がありますが、「○○さんはどんな人だろう?」との疑問に答える必要があります。

ではどんな内容を書けばよいのでしょう?

Webライターとしては全く初めてなので、実績が無いのは当然で、その辺はクライアントもわかっています。

プロフィールに書くことは、本業での仕事の実績値、言葉を使った仕事をした実績(講習会に講師として登壇、教育研修で教官として携わった等)があれば記載してください。

そのような実績がない場合は、本業の職務実績を乗せましょう。
(お客様とメールのやり取りを頻繫に行っている、報告書を作成している等)

文章を作成する業務に携わった経験値は実績となりますので、積極的に掲載してください。

あとは「なぜWebライターになろうと思ったか?」を乗せましょう。Webライターへの想いをクライアントに知ってもらいましょう。

いいところを最大限アピールする

職務実績やWebライターへの想いを記載したら、自分の良いところを最大限に引き出してアピールをしましょう。

「初心者ですが・・・」とか、「うまくできないかもしれませんが・・・」とか、「一生懸命頑張ります・・・」とか、謙遜は必要ありません。

クライアントは、あなたが書く「文章」であなたを判断します。

ですので、書くのであれば「集中し全力で記事作成します!」「こちらの案件の記事作成はわたくしにお任せください!」と言い切る形でアピールしましょう。

日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」

まとめ:クラウドワークスで副業を始めよう!【プロフィール登録編】

今回は、クラウドワークスのプロフィール登録について解説いたしました。最後に今回の記事を振り返っておきます。

  • クラウドワークスは業界最大級の「クラウドソーシングサービス」
  • クライアントとワーカーをつなぐ「お仕事マッチングサイト」
  • 利用料金は無料。報酬が発生したら手数料がかかる
  • クライアントとのトラブルを防止する様々なシステムがある
  • 本人情報登録では、実名と顔出しで信頼度アップ
  • プロフィール登録には、本業の実績を掲載する
  • プロフィールに謙遜は不要! 自己アピールを最大限に!

この段階ではまだ「準備期間」ですので、クラウドワークスに登録して、自己アピールできて、「次に何をするか」を考えなくてはいけません。

ですので、次回はWebライターとしての、基礎知識を学習する方法をご紹介いたします。

\ ピッタリの仕事を見つけよう♪ /

♪ みなさまの応援が励みになります ♪


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次