カフェインレスとノンカフェインの違いは? 特徴・メリット・デメリットを紹介は?

カフェインレスコーヒー

カフェインレスはカフェインを約90%以上除去したものであり、ノンカフェインとはカフェインを全く含まないもの、という違いがあります。

最近はコーヒーや紅茶などで、カフェインレスやノンカフェインのものが市販されていることが増えましたね。

でも、カフェインレスとノンカフェインって、字面からするとちょっと違いが分からないもの…。

そこで今回は、カフェインレスとノンカフェインの違いや、カフェインが少ない、あるいは含まないことのメリットやデメリットなどをご紹介します。

目次

カフェインレスとノンカフェインの違いとメリット・デメリット!

カフェインレスはカフェインを90%以上取り除いたものであるため、微量ですがカフェインを含み、ノンカフェインの場合はカフェインを一切含みません

カフェインレスとノンカフェインの違い

  • カフェインレス: カフェインを90%以上取り除いたもの(微量だがカフェインを含む)
  • ノンカフェイン: カフェインを一切含まないもの

カフェインが微量だったり、一切含まないことで、乳幼児や妊婦さんや授乳期間中のママさんも飲めるし、利尿作用も現れないし、寝付きが悪くならないというメリットがあります。

ただし一方で、カフェインレスやノンカフェインだと、味にコクがなかったり、少し値段が高めだったりするんですよ…。

ではより詳しく、カフェインレスとノンカフェインのメリットやデメリットを解説しますね。

カフェインレスとノンカフェインのメリット

カフェインを摂取してはいけない人も飲める

カフェインを一切含んでいないノンカフェインの飲み物などだと、乳幼児や妊婦さん、授乳期間中のママさん、カフェイン中毒になりやすい体質の人でも安心して飲めます

確かに小さい子や妊婦さんや授乳期間中のママさんって、カフェインを摂取してはいけないといわれていますね。

また他にも、カフェインを摂取すると気分がやたらと興奮状態になってしまう体質の人も、カフェインレスやノンカフェインのものの方が安全です。

妊婦さんでもママさんでも、コーヒーや紅茶などが飲みたい時もありますよね。

そんな時もノンカフェインのものを選べば、リラックスすることが出来ますよ!

利尿作用が現れない

カフェインが含まれないとなると、利尿作用が出る心配がありません

どうしてもカフェインを摂取してしまうと、利尿作用が現れてしまうんですよね…。

特に妊婦さんって、トイレが近くなることが多いので困るでしょう。

でもカフェインレスなら、利尿作用を気にせず飲めますよ!

寝付きが悪くならない

カフェインといえばやっぱり、目が覚めてしまう作用があることですね。

寝る前にコーヒーや紅茶を飲むと、カフェインの作用で寝付きが悪くなることがあるもの。

ところがカフェインレスやノンカフェインなら、寝付きが悪くなる心配もないですよ!

寝付きを悪くしないためにも、寝る前にコーヒーや紅茶を飲みたいと思ったら、ノンカフェインのものをチョイスしましょう!

私も寝る前に紅茶を飲むのが好きなんですが、寝付きがあまり良くない体質なので、なるべくカフェインを含まない紅茶を飲むようにしていますよ。

以上がカフェインレスやノンカフェインのメリット。

では続いてカフェインレスやノンカフェインのデメリットを解説しますね。

妊婦さんのカフェイン対策にも!「あしたるんるんのノンカフェイン黒豆玄米コーヒー」

カフェインレスとノンカフェインのデメリット

味に物足りなさを感じる

カフェインを取り除くと、特にコーヒーの場合はコクや風味が薄れてしまう場合があります…。

そのため、飲んでもあまり美味しさや味に物足りなさを感じる場合もあるでしょう。

コーヒーや紅茶の味にこだわりがある場合は、やっぱりカフェイン入りの方が美味しく飲めますね。

値段が高い

カフェインレスやノンカフェインのコーヒーや紅茶って、結構値段が高い場合が多いんです…。

私もノンカフェインの紅茶を買うことがありますが、やっぱり値段は多少高めですね。

ただ、妊娠中や授乳期などでもどうしても、コーヒーや紅茶を飲みたい時は、高くてもカフェインレスやノンカフェインを選ぶと断然に安心ですよ!

以上がカフェインレスやノンカフェインのデメリット。

デメリットはあるものの、カフェインの副作用を抑えるためにも、カフェインレスやノンカフェインのものを購入すると良いでしょう。

自家焙煎珈琲所【Croaster Select coffee】

コーヒーだけじゃない! カフェインレスとノンカフェインの食べ物・飲み物

チョコレート

カフェインレスやノンカフェインに出来る食べ物は、カレーや、紅茶、緑茶など、カフェインレスやノンカフェインのものがいろいろと販売されていますよ!

一方、チョコレートやミントガム、ココアにはどうしてもカフェインが含まれているので、カフェインを摂りたくない場合は、これらの食べ物や飲み物は避けましょう…。

カレーの場合は、隠し味としてチョコレートやインスタントコーヒーを入れなければ、カフェインレスで食べることが出来ます。

そしてコーヒーだけでなく、紅茶や緑茶にもカフェインレスやノンカフェインのものがあるので、ティータイムにおすすめ!

通販サイトやお茶専門店に行けば、カフェインレスやノンカフェインの紅茶や緑茶が買えるので、ぜひ行ってみてくださいね!

自家焙煎珈琲所【Croaster Select coffee】

まとめ:カフェインレスとノンカフェインの違い

カフェインレスはカフェインが微量に含まれていて、ノンカフェインは完全にカフェインがゼロという違いがあります

カフェインが含まれていないと、小さい子や妊婦さんも飲めるし、利尿作用もなく、寝付きが悪くなることもありません。

ただ、カフェインが含まれていないことで、味が物足りなかったり、値段が高い場合も多いんですよね…。

基本的にコーヒーや紅茶、緑茶などにカフェインが含まれていますが、これらの飲み物はカフェインレスやノンカフェインのものが比較的多く市販されています。

またカレーも隠し味にチョコやインスタントコーヒーを使わなければ、ノンカフェインで食べることが出来ますよ!

ぜひカフェインの心配をしないで、お茶や食べ物を楽しみましょうね!

妊婦さんのカフェイン対策にも!「あしたるんるんのノンカフェイン黒豆玄米コーヒー」
自家焙煎珈琲所【Croaster Select coffee】

♪ みなさまの応援が励みになります ♪


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる